PR
Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    富士塚めぐり 高田富士
    0
       
      早稲田の水稲荷そばの高田富士にも行きました。
      すっかり遅くなりましたが7月半ばのことです。



      その少し前にたまたまW大学に用事があって…
      息子の頼まれごとで、書類をもらいに行く事になって。
      行ったら、受付の女性の方に「書類が不備なので出せません」と言われましたが、そこをなんとかとお願いしたら「今回だけですよ!」と言って出して下さいました。
      まあ、私もずぶとくなったなあと、帰り道道思いました。
      そして職員さん、ほんとに有難かったです。
      W大学の職員さん、融通きかせて下さいまして有難うございました!
      「あのおばさん、ホントしつこいね」って言ってたことでしょうね。




        130703_1010~01.jpg

         有難うございました〜。

         




        130703_1057~03.jpg   ML_131005_1319~010001.jpg

        
       
      建物が取り壊されて建て替えをしている所で、壁には素敵な絵がいっぱい描かれていました。




          130703_1100~02.jpg


       ここは建学125年記念館 2007年に125周年を迎えました。
      大隈重信は人生125年説と言うものを唱えてたそうで「人間は本来、125歳までの寿命を有している。適当なる摂生をもってすれば、この天寿をまっとうできる」――とのことです。

      大隈講堂の塔が125尺(38m)で、こちらの建物の高さは2度目の125年を思い倍の250尺だそうです。

      http://www.waseda.jp/jp/episode/episode09.html






      帰り道、そこからすぐの所にある穴八幡神社に寄りました。


        


        130703_1109~01.jpg    130703_1112~01.jpg

         大きな神社ですね。流鏑馬が行われる有名な所でもあります。
       
         商売繁盛、出世、開運の御利益があるそうです。



      この辺りに水稲荷という所があってそこに高田富士もあるっていうのは聞いていましたが、どこにあるかわかりません。通りの老舗のような和菓子屋さんできいて教えて頂きました。



       ML_131005_1307~010001.jpg

      穴八幡の方から、早稲田通りを来て、西早稲田の信号を右に曲がり、新目白通りの方に坂を下りていくと左に水稲荷の入り口がありました。


      階段を上っていくと参道の奥に水稲荷はありました。

        131005_1258~01.jpg   130703_1141~02.jpg

          水稲荷神社 鳥居       ねこちゃんたちがのんびりと暮らしていました。



        130703_1143~010001.jpg
        
       鳥居を入って右側あたり。 静かでいい感じでした。
       
       山吹の里はこの辺一帯を言う名です、と書いてありました。
       山吹の里とは太田道灌の伝説に出てくる「山吹の少女」の住んでいた所だそうです。

      太田道灌と山吹の少女の事が下記にわかりやすく書いてあったので貼っておきました。

        http://www.tnrk7ky9.com/yamabuki_hana01.html
       



        130703_1142~01.jpg

      太田道灌はここで山吹の少女に会ったのでしょうか…


           

        ML_131005_1258~020001.jpg

        水稲荷神社 本殿 

        人の姿もなく静かでいい空気が流れていました。

      ところで、
      この辺りを見ても富士塚は見当たらなくて、どこにあるのかなと探しましたがこの日はわからずに帰りましたが、ネットで検索すると7月14,15日が山開きと書いてあったので、14日に再度、来てみました。



      そしたら、この参道のもう少し手前にとても分かりにくい所に入り口があったのです。
      どうやら山開きの時以外は、この入り口すらわからないようで、以前近くに住んでたという友人も知らなかった〜と言っていました。

      ここ、水稲荷と高田富士は以前もっと東に、つまり通りの向こうにあったそうです。
      早稲田大学がどんどん敷地を広げてきて、この神社と高田富士は移転したとのこと。。。

      でも神社を見る限り、古くからあったような木々に囲まれ静かなたたずまいでした。

      高田富士がやっとわかって(入り口の写真は撮らなかった!)
      甘泉園入り口と言うのがある右側でした。

      山開きと言うのに、誰もいません?!不思議です。
      そのうち何人かは登山にきましたが、他の富士塚の山開きはにぎやかなのにさみしい山開きでした。。。



      130715_1215~0100010001.jpg

      入り口の塀には昔の富士講の写真が飾られていました。



      130715_1220~01.jpg   130715_1230~010001.jpg

      江戸最大最古の富士塚だそうです。      お祀りしている浅間神社




      ML_130715_1223~010001.jpg

      前の所から移転して、同じように山をつくったのでしょうか。
       


      ML_130715_1224~010001.jpg

      ここの石は溶岩ではないようですね。


         130715_1222~02.jpg

        でも移転させられたとはいってもすごく古そうに思いました。
        
      木の柵みたいなのが立てられていましたが、危ない?からなのか、わかりませんでした。



      頂上には鐘(銅鑼みたい)を鳴らす所があって叩いてみました。
      結構いい音をしていました。それから富士山の方を向いて拝んできました。

        
            130715_1223~02.jpg

           頂上の浅間神社にお参りしました。




      その後、山を下りて、
      入り口が隣にあった甘泉園という所に入ってみました。

      元は徳川御三卿、清水家の下屋敷のあったところで回遊式大名庭園です。
      今は新宿区立の庭園となっています。


      ML_130715_1247~020001.jpg

      この門はさっきの高田富士入り口脇の門ではなく、坂を下りた反対にある門です。




           130715_1239~010001.jpg

       水稲荷神社の北側の低い所にあって名前の通り、きれいな池がありました。



        ML_130715_1244~010001.jpg

       さすが、大名庭園です、 美しい庭園をゆったりと歩き帰途につきました。

       高田富士、そして甘泉園をめぐる、贅沢な一日でした。


      来年も富士塚めぐり、山開きに行ってみたいものです。
      品川富士はぜひ行ってみたいものです。  


        



        









        




        
      posted by: たんぽぽ | 富士塚めぐり | 20:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        posted by: スポンサードリンク | - | 20:02 | - | - | - | - |









        この記事のトラックバックURL
        http://midorinoniti.jugem.jp/trackback/751
        トラックバック