PR
Search
Calendar
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< May 2017 >>
Recommend
New Entries
Recent Comment
Recent Trackback
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    posted by: スポンサードリンク | - | | - | - | - | - |
    2012年が明けました 
    0
       新しい年が明けて早や6日も経ちました。
      遅ればせばがら今年もまたブログ、どうぞよろしくお願いいたします(気ままですが)。

      仕事も4日から始まってまたいつもの日常に戻りました。

      年末年始は田舎に帰るのが恒例でしたが、今度は逆に子供らが帰ってくるようになりました。
      名古屋に就職した息子も帰ってきてほっと、仕事も頑張っているようなので安心しました。
      年明けて、家族4人で食事に。。。子供らの希望で焼肉屋さんへ〜。
      親だけなら焼肉屋なんかいかなくなってしまったけど。
      それもみんなで食べればおいしいものです。

      今年は喪中でしたので、お正月もなく静かに家で過ごしていましたが、
      実は、3日にお参り(初詣)に行っちゃったのです。

      ほんとは喪中の時には初詣はいけないのかな?!
      行かない方がいいんじゃないの?とか、鳥居をくぐっちゃいけないのよとか…、
      お寺ならかまわないんじゃないの?とみんな色々いいます。

        ですからあまり気にもせずに行ってしまいました。

           ML_120103_1506~01.jpg
        
          港区の愛宕神社。ここに行ったわけは特にないのですが、
          階段がすごいというので?!一回行ってみたかったのです。

          
           120103_1506~02.jpg
       
        この階段(男坂)はものすごく急でした!
       高低差20M、段数84段、一段の高さも大きいです。
       ここ愛宕山は都区内で一番高い山だそうです。標高25メートルほど。

       昔、ここを馬で駆け上がった武士が出世したことから、「出世の石段」と呼ばれているそうです。
       みんな上った後はフウフウ言っています。私ももちろん。
       上りはきついし恐いので手すりにつかまって上りましたが、帰りはもっと恐そうです。


       階段を上がるとたくさんの人が〜。午後でしたのでやっぱりすごい人たちが並んでいました!
       結局2時間並んでやっとお参りでき、今年一年の平穏無事をお祈りいたしました。
       
       ML_120103_1647~010001.jpg

       帰りは階段が怖いので右脇にある女坂を下りました。
       5時近くなりうっすらと暮れかかってしまいました。
       すっかり冷えたので帰りは途中下車してあったまって帰りました。
      posted by: たんぽぽ | 階段 | 21:09 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
      谷中 「夕やけだんだん」と「井戸のある階段」
      0
         前回の続きです。

        谷中は東博を出て右、芸大の横を通っても行けますが、山手線で日暮里から行くことにしました。
        日暮里で降りて、西口から谷中銀座に向いました。

        谷中にはたくさんのお寺・墓地があり、お彼岸でしたのでお参りされている方たちが多く、
        谷中銀座はそんな人たちも立ち寄っているのでしょう。
        また「谷根千(谷中・根津・千駄木)」が人気のスポットになっているようで、大変な賑わいでした。

        駅から5分ほど歩くと、「夕焼けだんだん」と呼ばれる階段があります。

          110924_1503~01.jpg
         下から見た夕焼けだんだん。

         (写真は↓みんなボケています…)

        夕やけがきれいに見えるのでこう呼ばれるようになったそうで、
        「だんだん」は「段々」だと思うのだけど、ひらがなで書くとこが、なんかいい。
        そんな名前のようにとても雰囲気のよい階段です。

        ここから谷中銀座が始まります。

          110924_1502~01.jpg

        商店街はとても昔ながらのレトロな中に新しいアイディアも取り入れられているようでした。



          110924_1428~010001.jpg
        屋根にねこちゃんが?!
        と思ったら、作り物でした〜。

        通りのあちこちでマスコミに取り上げられているようなお店には沢山の行列が出来ていました。私はそういうのには疎いし、待つほどでもないので眺めてやり過ごし…

        でも、自分でおいしそう〜と思ったのと並んでいなかったので、お茶をしに
        栗菓子のお店へ〜。

        110924_1437~010001.jpg

        和楽やっていう栗のお菓子の専門店でした。
        栗の大福と、ほうじ茶を頼んでみました。大福の中は、栗だけの餡で
        とってもおいしい和菓子でした。



        谷中銀座を過ぎて左に曲がると「よみせ通り商店街」というのがあって、こちらも多くの人がでていました。
        よみせ通りを過ぎるとへび道とよばれる道があります。

        110924_1324~010001.jpg

        この通りの下には川が流れていたそうで、今は暗渠になっていて、道は川のままにくねくねとヘビのように何度も蛇行しています。
        車が一台通るのもやっとの細い通りでした。
        曲がりくねったこの道には小さなギャラリーや小物ショップなどがありました。


        しばらく歩くと右側に坂が見えてきます。あかじ坂の次に三浦坂。


        110924_1244~01.jpg

        三浦坂の上から撮った一枚、結構な坂です。


        110924_1316~010001.jpg

        この坂の脇にかわいい猫グッズのお店「ねんねこ屋」がありました。

        私もつい入ってしまいました。

          110924_1305~01.jpg

        看板ねこちゃんがいます。もうすっかりなれてるようで、ドンと構えていて、
        カメラも平気、というか、全然カメラ目線をしてくれません。こっち向いてと言っても
        知らん顔、でもしっぽだけ正直で、声かけるとしっぽで返事をします。表情は知らん顔。
        猫ちゃんのそういうとこが憎いけどいい〜。



        楽しい猫ちゃんと戯れたあとは、そう、目的があったんですよ。


        110924_1225~010001.jpg

        三浦坂のねんねこ屋の反対側にあるのは玉林寺です。

        もう一度下から回って善光寺坂を上ってきました。
        曹洞宗のお寺でした。右側になぜか、大きな「千代の富士」の銅像がありました。
        関係はよくわかりませんでしたが。


        目的はこのお寺の裏の方にあります。

           110924_1229~01.jpg

          こんな狭い塀に沿っていくとあるのが…



          110924_1234~010001.jpg

        狭い小さな階段です!
        そして、その右にあるのが、井戸なんです。(写真がひどいのでわかりにくいね〜)
        ちゃんと屋根がついててなんとも昔っぽくていいです!
        私はわざわざこれを見にきたという訳です。えへへ
        (こんなのを見て何が面白いの?という方の方が大多数かもしれません?!)

        階段好きの私としては、やはり見に来ないと。
        ここはカメラのコマーシャルに使われた所でもあります。

        綾瀬はるかさんがカメラを持ってあちこち撮りまくっているあのコマーシャル。

          110924_1233~010001.jpg

        この井戸は、個人の所有だと柱にちゃんとかいてありました。
        ですので利用はできませんが、現役のようです。
        このような井戸は都心ではもうないのでは?とのことです。

        でもこの階段の右にある手すり、コマーシャルの映像にはありませんでした。
        つい最近なのか、だれが付けたのか、あまり風情のない手すり(付けた人ごめんなさい)
        で昔っぽさが半減しているようです。
        通る人のことを考えたら、手すりはしかたないのでしょうけど。

          110924_1232~010001.jpg

        この辺の人には近道なのか、結構人が通っていましたが、夜はかなり怖そうですね。


        玉林寺の方に戻り、言問通りという所を上って芸術通りに出ました。
        この辺りも古い喫茶店とか、下町風俗資料館とかがあってにぎわっていました。


        ちょっと見かけた銭湯らしき建物。

        110924_1216~020001.jpg

        今はもう銭湯ではなくギャラリーになっていました。



        110924_1216~010001.jpg

        ン?聞き覚えのある名前です。そう〜、有名な冒険家のギャラリーでした。
        中には写真(主に山岳)と、エベレスト登頂時の映像も流されていました。



        110924_1152~010001.jpg

        レトロなバスが走っていました。脇は国際こども美術館。


        110924_1206~010001.jpg

        バスは2種類あるようですね。いい色合いですね。


        このあたり、根津、千駄木も含めて、また来てみたいと思いました。


        上野に戻り、次回の展覧会のポスターなどチェックしながら、帰りました。
        結構歩いたので、疲れて帰りの電車で寝てしまい、乗り過ごしそうでした。


        posted by: たんぽぽ | 階段 | 21:53 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
        五反田〜白金台 階段編 
        0
           先日の五反田から白金台散歩の最終編です。 このあたりにもいろんな坂・階段があってわくわくしました。

               110118_1421~010001.jpg

               坂の真ん中にちょっとだけ階段?!
               どうしてこんなつくりに?

             
               五反田から白金台に向う途中です。

             
              ML_110118_1427~020001.jpg
           
           わっ!凄いね。でもここちゃんととおれるんですよね。
           誰も草取り…しないようです。

             110118_1427~010001.jpg
              結構広い幅がありますよ。




              110111_1343~01.jpg

              古そうな階段があちこちに。

            
            110118_1547~010001.jpg

            これは、左のおうちの門があるから、ずらしたようです。
            思いやりってことね。



            

               110118_1444~010001.jpg

              上大崎、ここちょっと行くとすぐ白金台。
              ちょっとゆがんだ感じの階段… 多分行ってみないとわからないかも。
              左のブロックが斜めっている…


              110111_1539~01.jpg

             住宅の入り口ではありません。通れます。

            
              110111_1354~01.jpg

               白金台2丁目にて。

              
              

              110118_1601~01.jpg

            これは目黒通りの南側あたり。
            年月を感じます。

            子供たちが学校帰り、ここを上っていきました。

            近道らしいけど。気をつけて通ってね。


            




           一歩通りから入ると生活感ある細い通り、階段があり、そこに暮らす人たちの様々なことを想像させてくれ、また季節感も沢山感じられました。 いろんな発見があり、想像することが楽しい街散歩です。 
           
             

            
          posted by: たんぽぽ | 階段 | 10:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
           10月 ◆〆籠察Τ段
          0
             10月の坂道・階段探訪は、新宿から早稲田方面に行きました。

            新宿靖国通りから分庁舎横から「四季の道」を通り、
            新宿文化センターの方に向いました。

            なんとゴールデン街横を通りました〜。
            小さな建物・飲み屋・喫茶店らしきものがひしめいていて、そうっと通りました。
            写真を撮りたくなったけどこわかったので、素通りしました。


            その近く。

            101005_1320~010001.jpg

            花園神社です。

            かつて、唐十郎「状況劇場」の紅テントが公演したところだそうです。
            今も「見世物興行」に境内を提供しているとか。

            次に目に入ったのが、これ。

            101007_1412~01.jpg

            靖国通りで出会ったおおきな建物「日清食品」(石本設計事務所設計)
            ど〜んとそびえていて、迫力あります。

            なんか客船のようですね〜。




            101007_1421~010001.jpg


            西向天神〜法善寺墓地の坂・階段

            写真奥の方に富士塚が。
            昔の人は、富士山に登りたくとも登れない人のために小さな築山を作り、
            それを登って、富士山にお参りしたことにしたそうです。
            富士見町とか、富士見坂とか、みんな富士山大好きなんですね。
            それから、「山吹の里伝説」というのがこの神社に残っている。
            大田道灌と少女「紅皿」にまつわる伝説があってその紅皿の碑がここにあるそうです。



            101005_1402~01.jpg

            新宿7丁目 梯子坂。  
            梯子を上るように急だったことから名付けられた。

            101007_1436~010001.jpg

            梯子坂から少し入ったところにある、階段。
            この辺は坂が入り組んでいます。




            この住宅街を出、大久保通りに出ると
            元、尾張藩下屋敷のあった所があります。
            今の「戸山公園・戸山ハイツ・早稲田大戸山キャンパス」などです。

            尾張藩が、この広大な土地に御殿、大泉水、築山、渓谷、田畑などを作ったそうです。
            また小田原宿の景観を模した町並みまで作り、また箱根を模した築山もつくったとか。

            101007_1454~010001.jpg

            これが箱根山。小さくみえますが、
            山手線内では一番高い山になっているとか。

              101005_1425~02.jpg

            反対側から登ると、結構高い感じがしました。

            上は周りの木が生い茂り殆周りは見えませんでした。

            101007_1516~010001.jpg

            早稲田大学学生会館、ここも尾張藩下屋敷だった所。
            でかい! 11階・地下1階 何しろ、学生も多いですからね…


            101005_1501~010001.jpg

              穴八幡宮の門。 


            101005_1502~010001.jpg

            本殿。きれいな建物でした。



            そして早稲田通りに出て、商店街の細い路地を北側へ入りました。

            ここからが妙に心騒ぐ感じです。
             101017_1419~01.jpg

            細い裏道が続いています。


            101017_1421~01.jpg

            古そうな家がぎっちり立っています。


            101017_1423~02.jpg

            傾斜地で右が山側、左が谷・・・倒れてきそうです。


            101017_1424~01.jpg

            右上には亮朝院というお寺がありました。


            101017_1424~02.jpg

            ほんとに長い路地でした。

            アラビアンナイトじゃないけど、わくわくしてきます。

            しばらくすると、小路を出て広いところへ。

            都電荒川線「面影橋」駅のそばに出ました。

            この面影橋辺りが「山吹の里」伝説の地と言われているそうです。

            101017_1433~010001.jpg

            線路には草が生えているけど、電車通っているんですよね。

            また住宅街へ。
            西早稲田三丁目。
            101017_1441~010001.jpg

            ここは昔江戸川乱歩が住んでいた所だそうです。
            大きな木は切られていましたが、乱歩はこの木の四季を観ていたでしょうか。

            101017_1442~03.jpg

            木の切り株前の階段。
            きれいに作り変えられたのでしょう。新しそう。

            101017_1443~02.jpg

            階段の先にある小道。ここを通って、高田馬場にでます。
            乱歩も通ったと思われる道です。。。
            物語を考えながら、歩いているようです。

            101017_1455~01.jpg

            その近くにあった階段。フクロウさんが見守っていました。

            101017_1459~010001.jpg

            こちらはリスさん。きれいな階段で、楽しくなります。

            結構高低差があり、年取ったら、やっぱり大変かも…

            だから今のうちにあちこち行こう〜とまた思ったのでした。


            それから、早稲田通りに戻りました。


            最後、高田馬場に向っているとまた、目に付きました!


            101007_1604~01.jpg

            これ、廃墟でしょうか。
            入り口には、ベニヤ板等が置かれてあります。

            昔はいかしたお店だったんでは?!
            きっと知っている人は多いでしょうね。


            101007_1605~02.jpg

            この通りは、結構古いおうちがありますが、これは、一番かも?!


            101007_1605~010001.jpg


            こうやってみると、ロンドンあたりの幽霊屋敷みたい、シャーロックホームズとかに出てきそう〜。


            面白い建物でこの日は締めくくりました。
            5,6キロ歩きました。

            posted by: たんぽぽ | 階段 | 16:07 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
            目白通り散歩
            0

               伊藤七男さんの個展のギャラリーフリーウィングスで
               目白通りギャラリーマップを頂きました。

                100829_1035~010001.jpg

               12番がギャラリーフリーウィングスです。
               そのそばに千登世橋があります。

              100316_1342~010001.jpg  100316_1344~010001.jpg

                   下を明治通りと 都電荒川線 が通っています。

              そこから、Aさんと東の方に向いました。
              少し行き右に曲がると凄い坂があります。
              のぞき坂」 と言って東京で2番目に急な坂だそうです!
               (一番はわかりません…ここが東京一という説も)

                    100316_1349~020001.jpg

               確かにびっくりです!かなりの傾斜です!

              でも車もバイクも慣れているのか、ビューっと飛ばして走っていきます。
              浮いて飛んで行きそうで見ている方が恐いです!
              雪が降ったら大丈夫かな〜。

              この向うは神田川で反対側も下りで、目白通りは丘(山)になってます。
              ここから、住宅街に入るとまた小さな階段があちこちあります。
                 
                    100316_1408~010001.jpg

                    これはやっぱり急階段、 かなり古いようです。
                   上からは早稲田の方が見下ろせます。

                   


                  目白通りに戻って、

                    100828_1747~01.jpg


              「ギャラリー ゆめじ」 がありました。

              竹久夢二や夢二ゆかりの人の作品などが置いてありました。
              私は夢二のこどもの絵が大好きですが、
              かわいいネコの絵葉書を見つけたので買いました。

              なんと!ここで、
              夢二のモデルで妻だった彦乃さんの妹さんにお会いしました。

              9月からここで、
              竹久夢二 震災スケッチ展」 というのを開催するとのこと、
              その準備などで見えられていたようです。

              とても美しい品のある静かな方です!
              妹さんは、彦乃のなくなった大正9年?(だったと思う)の数ヶ月後に生まれたそうで、
              お姉さんである彦乃さんにはお会いできなかった・・・
              でも生まれ変わりかもしれない…とおっしゃっていました。
              (彦乃さんは夢二を慕いながら、25歳で結核で亡くなられました)

              妹さんは89歳でお元気でこのお近くにお住まいだそうです。
              長生きして下さいねと言ってお別れしましたが、ギャラリーを出て手を振りましたら、
              ずっと手を振ってお見送りして下さいました。

              本当に少女のような風情を漂わせた方でした・・・
              きっとお姉さんの彦乃さんもこんなふうで
              夢二の心を揺さぶったのではないかしら〜。

              夢二の震災スケッチ展、9月1日〜11日までだそうです。



              そこをあとにして、次に」ギャルリ・ラビがありました。
              ここは、アンチークショップで、ジュエリー・アクセサリー・小物
              インテリアなどが置いてあります。

              年代物の品物にAさんもすっかり魅了されたようで、す
              お店のオーナーさんが古いボヘミアンガラスの細工物や、
              百年前のフランスのデザイナーのブローチなど、
              説明してくださっているのをずっと聞いてきました。
              小さな、ブローチを一つ買ってしまいました。


              と、今日はここまで。
              ギャルリ・ラビで長居をしてしまったので散歩はおしまいですが、

              ついでなので、出しそこなっている3月に廻った、ここから先の
              階段・坂などを、ちょっとアップしたいと思います。

                      ML_100316_1422~010001.jpg 

              すごい!

              右が  →富士見坂、  左が   ←日無坂 こちらは途中から半分は階段です。

              道に挟まれた建物がインパクトあります!
              住んでいるのか、どうなのかわからない?といった感じでした。

                    100316_1420~010001.jpg
               
                   日無坂の方。建物が細長いです。

              ML_100316_1421~010001.jpg


              富士見坂の方から見たところ。昔は富士山見えたそうです。



              また戻って目白通りへ、

                    100316_1425~010001.jpg

              小布施坂(こぶせざか) 段差がゆるやかです。
              小布施という人が昔すんでたあたりだそうです。

                近くに日本女子大学があるあたりです。


              また、しばらくいくと
              田中角栄さんの目白御殿のあったところがあり、今は大半が公園になっていて
              一般の方々がゆったりと過ごしていました。

              その先を右に入っていくと「幽霊坂」があります。
              昼でもうっそうと木が生い茂り、薄暗いので、そう言われるとのこと。
                  
                    100321_1450~02.jpg

              3月でこれです、夏はきっとまだまだ木が生い茂っていると思います!
               おう〜、出そう〜、  ブルッとします。涼しくていいかも?!


              この坂を下りると、ぱっと明るいところに出ますよ。
              旧細川家のお屋敷跡で、今はここも公園になっていました。
              新江戸川公園です。

                 100321_1457~020001.jpg

                 広大な土地です! 池も山も広くて都心とは思えない静けさです。

                
                 100321_1523~010001.jpg

                山の方にも散策路があちこちに出来ていて回ったら、結構時間かかり
                一日いてもいい位です。

                でもそうのんびりしてはいられません。

               ここを東に下っていくと、公園の奥の「永青文庫」に出る坂道があります。
               あまり急なので「胸突坂」と言われる坂です。

                   100316_1508~010001.jpg

                確かに急です、長いし疲れます。
                上っていくと、細川家の美術館「永青文庫」があり、
                そしてまた目白通りにでます。  右壁の隣が椿山荘です。 

                目白通り界隈には坂が多いということを知りました。


              それからこの日は、目白通りの向う、
              「東京カテドラル聖マリア大聖堂」(丹下健三設計)に寄りました。
              ここもよかったです。。。中は荘厳な雰囲気が漂っていました。

              長くなってきたので今日はここまで〜、続きはいずれまたということで。



              長々読んでくださった方々、有難うございました。

              posted by: たんぽぽ | 階段 | 22:21 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
              原宿から六本木へ
              0

                                今回は 都心の階段・坂を散策をしてきました。

                                娘がこの前、教えてくれた。
                    「お母さん、タモリって階段大好きみたいだよ、テレビでやってたよ。」
                            へ〜〜って思い、気になっていた。
                            

                             100120_2311~01.jpg
                            「東京の階段」 松本泰生著  日本文芸社 出版

                 階段なんてマニアックだと思うけど、やっぱり好きな人いるんですね〜。
                 こちら、松本泰生先生は階段めぐりを続けて10数年!すごいです。
                        タモリさんとも一緒にテレビに出たそうです。

                 新聞でこの野外講座っていうのを発見し参加しました。
                 1月は千駄木・根津界隈、2月は原宿・青山界隈でした。
                 どっちもよかったけど原宿の裏や麻布・青山界隈が私的には面白かった。
                     
                  それで、よし、もう一度行ってみようと思って、昨日一人で出かけました。

                出発点の原宿駅前で、さあと思ってバッグからこの前の地図を出そうと思ったら、
                ないのです!入れたと思ったのに入ってなかった・・・ブ〜ッ
                   (時々こういうことやらかします)!
                 これじゃ、裏道なんかもう行けないやって がっかりしたけど、
                 でも行けるとこまで行こうと思い 出発。

                 途中、2度ほど少し迷いコースを外れたけど、
                 しばらくウロウロしてたらまたコースに戻り…
                 なんとちゃんとたどり着けました!自分でもびっくりでした。

                             100220_1219~01.jpg

                    これは原宿駅から1分の所、表参道から竹下通り方面に向かう裏路。
                    

                          そこから裏の方の狭い道をあちこち迷路のように廻って
                               小さな階段とかにめぐりあったりして
                             「ブラームスの小径」という所に出ました。

                        100220_1226~010001.jpg
                  
                         その通りの由来のブラームスの像のあるお店がありました。
                               中からは音楽が流れていましたが、
                            ブラームスの曲かどうかよくわかりませんでした…。
                         聴きたいけど、先を急ぐので〜 いつかまた。

                   それから、またあちこちと廻って、この裏の狭い小路で1回迷いましたが、
                            無事、キャットストリートという通りに出ました。
                   いろんなお店をチラッと横目、いや〜目もくれず、こそこそと裏通りへ…

                        100220_1338~010001.jpg
                  
                          ここはキャットストリートと表参道との交差点です。
                       キャットストリートの下は旧渋谷川が流れていたそうで、
                    今は上にふたをされて暗渠になっていて、にぎやかに人が通っています。
                   でも緩やかに蛇行しているところが川だったんだなあと感じさせてくれます。


                               100220_1343~01.jpg

                   表参道・・・若い男の人の行列が続いていました。何があったのかな〜。
                               ちなみにうちの息子は、ただ今就活に大忙しです。
                      母はのんきに散歩ですが…だって着いて行くわけにはいきませんし。
                          さきほど、竹下通りそばの東郷神社さまに
                     「就活、内定をなにとぞよろしくお願いします」とお願いをしてきました。

                               100220_1349~01.jpg
                               「山陽堂」という書店  表参道と青山通りの角。
                       谷内六郎さんの絵が描いて(タイル?)あり週間新潮を思い出します。
                        谷内さんの絵もほのぼのして大好きです。


                                        そして青山の方へ

                               100220_1412~01.jpg

                                   青山霊園より南の住宅街で

                                   この辺でもちょっと迷いましたが、
                          青山墓地やら、ヒルズやら目印があって全然平気でした。


                               100220_1415~01.jpg 

                                行き止まりの階段・・・コケが蒸していました。
                              この上の方から、六本木ヒルズが真正面に見えます。

                            先生のお話では、このあたりに姫おり坂というのがあって、
                     昔、黄金長者の姫が坂を下りて白金の長者の息子に逢いに行くために
                                下った坂って言うのがあるそうです。
                      (それがまだどれかは諸説あって確定されていないらしいとのこと)

                               100220_1429~01.jpg
                  
                                    青山から西麻布を通って、

                                 上にも、平行して道がありました。

                あれ〜、どこか見覚えが・・・なんと!ここの上の道、昨年クリスマスに行った
                「カブロエス」というお店(ブログ・チェンバロを弾いた猫のれいねさんの…)
                に行ったとき迷った場所でした〜。ここを右に行くと「カブロエス」があり、
                その先に根津美術館があります。
                 美術館の方から夜道を迷ってこの辺まできたようです、
                          我ながらしっかと覚えてましたです。



                               100220_1502~01.jpg  

                            いよいよ六本木、ここはさくら坂そば。まあ〜、狭い階段!
                         
                      講師の松本先生が、ここで先日「ブラタモリ」の収録をされたそうです。

                           《NHK1チャンネル3月11日「ブラタモリ」で放映だそうです

                         100220_1524~010001.jpg

                     ここは、有名な六本木「アマンド」 (今は無くなっていて工事中) の角を、
                               けやき坂の方に下ってくるとあります。 
                       三角の階段が出来てました。わきにはライブハウスがありました。


                               最後に六本木通りを外苑東通りに曲がると

                              100220_1522~01.jpg

                       思いがけず、東京タワーがきれいにビルの間からにみえました〜。  

                               今日の街散策、道草、充分堪能しました。 
                                放浪癖がくせになりそうです… 


                それにしても都心がこんなにでこぼこで坂があるとは知りませんでした。
                いっぱいありましたがここには載せきれませんでした。

                私の住んでる街には殆ど坂がありません。平坦でやさしい街といえば言えますが坂があると
                なんだか街の情緒が増して、また奥行きが感じられていいなと。
                   昔はこんなこと考えませんでしたのですが・・・
                      
                でも年をとったら、坂はない方がいいよね…それまで坂、階段を楽しみたいです。

                posted by: たんぽぽ | 階段 | 23:08 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
                これも階段
                0
                  JUGEMテーマ:おでかけ・散歩

                                      まあ、小さな階段〜!
                           
                                     どうってことない景色だけど。
                                      なんかほのぼのします。
                   
                          100207_1212~010001.jpg


                                  こちらも…ちいさくて 不思議な階段 ??

                                100207_1207~02.jpg
                      
                               最近は誰も私を使ってくれないよ〜と言ってるので
                       
                            1段、2段、よいしょ。ふ〜、助かったよ、階段さんありがとう!

                                          なんてね。

                                 でもこの階段、あと何段埋まっているのかな?
                   



                   
                  posted by: たんぽぽ | 階段 | 11:56 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                  階段で5階まで
                  0

                    今日は昨日に引き続き暖かい一日でした。 数日前の寒さはなんだったの?という感じですが、また戻ってくるでしょうね… 
                    今日は朝、バタバタして職場に歩いて行けませんでした。


                    ここは 職場のビルの入り口、広めでちゃんと車椅子用のスロープも付いてていい感じの階段です。

                    091221_0947~01.jpg

                    でも、入るとちょっと暗い(節電かな)。

                    健康のためと思って、エレベーター脇の階段を上りました。

                        

                      やっぱり暗くて、足音も響くし、そっと上ります。

                    100104_1018~01.jpg

                    階段好きだけど、この階段は殺風景過ぎ。オーナーさんすみません。
                    ここだけじゃなく、マンションやビルの階段はほとんどただの通過するだけの非常階段みたいで、意匠なんて考えられてはいないと思う。そんなことするのは無駄でしょうから。
                    欧米などの階段てなんだか素敵にみえます。(写真や映像で思っただけですが)
                    階段も一つのドラマチックな場所として捉えられているのかなと感じるんです。

                    この階段、それでも健康のためには良いと思うのでなるべく歩いて上ろうと思っています。

                    ついでに明るい階段を追加。

                    091230_1232~01.jpg


                    これは、小金井公園の中にあった階段です。
                    ゆっくりと登れて楽しい階段ですよ。
                    上には何があるでしょう〜。

                    posted by: たんぽぽ | 階段 | 23:15 | comments(3) | trackbacks(0) | - | - |
                    駅裏に…
                    0
                      JUGEMテーマ:今日のおしゃべり
                      091014_1058~01.jpg

                      三鷹駅の北口を右に、こんもり木が繁っている所があって好奇心でつい道草をしました。
                      階段をみっけた!
                      駅のそばなのになんか不思議な空間。
                      昔は用水が流れていたような跡があって、
                      091014_1059~01.jpg

                      このすぐ左←がそばやさんとか花やさんの並んでいる所。
                      右→に中央線が走っている…。

                      091014_1059~020001.jpg

                      階段があってまた、登って行きたかったけど、仕事中だよ〜。
                      すぐ戻りました〜。(道草くってすみません)
                      posted by: たんぽぽ | 階段 | 22:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
                      いにしえの道
                      0
                        090920_1106~010001.jpg

                        この階段はずいぶん昔からたくさんの人が行き来したのでしょう・・・
                        どこへたどりつくのでしょうか?

                        ゆっくり登らないと危ないよ。

                        一段一段、ゆっくり、足元を確かめながら、先を急がず・・・

                        そしたら、

                        090920_1208~01.jpg

                        こんな素敵な階段に出会えるよ。

                        でもこれ、結構キツイけど〜。

                        よいしょっ!
                        さあ頑張って登りましょうか〜。
                        posted by: たんぽぽ | 階段 | 01:19 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |